住宅展示場に行く前に準備しておくこと

1日で複数のメーカーを回れないことがあるため見学したい住宅メーカーを事前にリサーチし絞り込んでおくこと

千葉の家を見るなら、ネットと住宅展示場、どちらが良い?

住宅展示場に出かけてみることをおすすめします

住宅展示場で、実際にそのメーカーがつくった住宅を見てみることで、住宅建築や建て替えについてより理解が深まります。また、担当者から間取りや仕様についてより詳しい説明を受けられたり、住宅ローンの相談に乗ってもらえたりします。また、気になっていたメーカーを比較検討するのにも役立ちます。

ネットで住宅をチェックするメリット

住宅展示場に出かけなくても、住宅の仕様や間取りをある程度チェックできます。住宅展示場で営業マンの話を聞いていると、あっという間に時間が経ってしまい、思っていたよりも多くのメーカーの展示場を見るのは難しいものです。そんなとき、ネットなら気軽に比較検討ができます。

実寸及び五感で実感できます

男女

家づくりの最初の段階として、住宅展示場を見学することが挙げられます。千葉県の各地には様々な住宅メーカーの展示会場があるので、休日などを利用して見学することが可能です。住宅展示場の見学が人気なのは、実寸及び五感で家を確認することができるからです。最近はインターネットがあるので、住宅設備や間取りなどの情報を自宅でチェックすることが可能となりました。しかし、インターネットの場合、写真や画像での情報となるので、五感を使った確認ができません。その点、住宅展示場であれば、収納やキッチンカウンター・子どもの学習スペースなど、設備の使い勝手や間取りなどを実際に確認できます。さらに動線や空気の循環・遮音性・外気温と室内温度との差など、五感を使わないと分からない情報もチェックできます。つまり、マイホームに対するリアルな情報が入手できることが住宅展示場の良いところかもしれません。もし気になる展示場があれば、積極的に見学することをおすすめします。

雨の日ならではの確認ポイント

女性

首都圏の1つである千葉県は、東京都心部への通勤者が多いです。東京では高くて手が届かないマイホームでも、千葉県ならば購入できるケースも少なくありません。もし千葉県でマイホームを建てるならば、一度は住宅展示場に足を運んでみると良いです。ところで住宅展示場見学というと、晴れや曇りの日に行うというイメージが強いです。中には、当日雨なので見学を止める人もいるでしょう。しかし、雨が降ったからといって、見学を中止するのはもったいないです。何故なら、雨の日にしかできないチェックがあるからです。例えば、住宅の敷地内に雨が流れ込んでいないか・玄関付近などが濡れて滑りやすくなっていないかなどを確認できます。晴れの日では分からないことが確認できるので、むしろ雨の日はチャンスかもしれません。